Skip to main content

環境マネジメント

推進体制

パソナグループは、政府主導の「チーム・マイナス6%」プロジェクトが開始された2005年より、グループ各社の役職員で構成する「環境委員会」を設置いたしました。以来、次世代に健全で美しい地球を残すため、役職員への環境教育はもとより、一人ひとりが「ソーシャルアクティビスト」として活動する機会の創出に取り組んでまいりました。
近年、世界レベルでの環境破壊や地球温暖化、異常気象、生態系の破壊などが深刻化する中、ソーシャルソリューションカンパニーとして、パソナグループが目指すサステナブル経営のあり方を発信し、社会から信頼されるロングセラーカンパニーであり続けるために、2021年に「パソナグループ環境イノベーション戦略」を策定し、同年に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」への賛同を表明いたしました。さらに「環境マネジメント推進会議」も発足し、気候変動シナリオ分析及び気候変動によるリスクと機会における事業インパクトの明確化を実施いたしました。また、2023年には「環境経営戦略会議」を発足し、環境経営及び気候変動対応における戦略・方針・目標を策定しております。

ガバナンス

環境経営戦略会議は、当社グループの環境経営及び気候変動対応における戦略・方針・目標を策定いたします。当該方針をもとに、環境マネジメント推進会議が各部門・各グループ会社に対して実効的なアクションプランを推進するとともに、社員一人ひとりの環境に対する意識醸成を図るための環境教育を実施しております。環境委員会では、自然との共生を体験する、地域と協働した環境活動を全国で展開しております。リスクマネジメント委員会では、気候変動のリスクマネジメントに関する事項についての審議を行い、内部監査部門は各部門や関係会社に対する環境監査を実施しております。取締役会は、気候変動に関する重要な事項について、環境経営戦略会議から報告を受け適切な助言を行うことで、モニタリングを行っております。

取締役会 気候変動対応の監督 年1回以上
環境マネジメント推進会議 気候変動対応の方針決定
気候変動対応のアクションプランの策定
管掌役員:取締役副社長執行役員Pasona Way本部長
月1回以上

 

 

ISO14001認証取得状況

株式会社パソナは本社オフィスにおいて、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO 14001:2015」認証を取得しています。

登録組織名 株式会社パソナ本社(東京都千代田区丸の内一丁目5番1号)
適用規格 環境マネジメントシステム ISO 14001:2015
認証登録日 2024年4月8日
登録範囲
  • エキスパート事業(人材派遣)、BPO事業(委託・請負)
  • 人材紹介事業
  • 再就職支援事業
登録認証機関 BSIグループジャパン株式会社
認証登録番号 EMS 801662

ISO14001の審査登録証はこちらをご覧ください。

環境への取り組み

「環境宣言」のもと、地球環境保全に向けて「環境委員会」を設置。限りある資源を大切にし、企業活動を通して地球環境保全に努めるとともに、グループ全社でアクションプランを策定し、環境問題に取り組んでいます。また近年、地球環境の変化により自然災害が多発していることから、「社員の働く環境整備」「防災体制の強化」にも尽力しています。

環境への取り組み