本文へスキップします。

第1四半期 IRレター

2020年5月期 第1四半期 決算概要

  • 売上高は前期に一部子会社の決算期変更による売上計上があったことから、その影響を除くとほぼ横ばいではあるものの79,626百万円(前年同期比△4.1%)と減収
  • BPOサービス、アウトソーシング、地方創生ソリューションは増収
    エキスパートサービス(人材派遣)は前期に派遣スタッフの派遣先企業への直接雇用を推進したことで稼働者数が前年同期を下回る状況からスタートし減収
  • 売上総利益は多くのセグメントで粗利率の改善が見られ18,270百万円(同+1.2%)と増加
    営業利益は1,243百万円 (同△14.4%)
  • ベネフィット・ワン株式の一部売却を行ったため、営業外費用に株式売却時の手数料が計上されており、経常利益は930百万円 (同△23.9%)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益は46百万円 (前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失7百万円)
  • 売上高
    796億円 (前期比△4.1%)
  • 営業利益
    12.4億円 (前期比△14.4%)
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益
    46百万円 (前期△7百万円)

セグメント別連結業績 (セグメント間取引消去前)

(百万円)
  売上高 前年同期比 営業損益 前年同期比
エキスパートサービス(人材派遣) 38,011 △5,614 △12.9% 1,515 +522 +52.7%
BPOサービス (委託・請負) 23,765 +986 +4.3%
HRコンサルティング、教育・研修、その他 2,032 △64 △3.1%
グローバルソーシング (海外人材サービス) 2,060 +98 +5.0% 125 △51 △29.1%
キャリアソリューション (人材紹介、再就職支援) 3,616 △205 △5.4% 686 △167 △19.6%
アウトソーシング 8,679 +915 +11.8% 1,916 +241 +14.4%
ライフソリューション 1,527 +172 +12.7% △12 △30 -
地方創生ソリューション 815 +272 +50.2% △517 △141 -
消去又は全社 △882 +68 - △2,470 △581 -
合計 79,626 △3,370 △4.1% 1,243 △208 △14.4%

※ 当第1四半期連結会計期間より、「インソーシング(委託・請負)」を「BPOサービス(委託・請負)」 に、「パブリックソリューション」を「地方創生ソリューション」 にセグメント名称を変更。あわせて一部子会社のセグメント区分を変更。また 「グローバルソーシング」 の営業利益を個別開示。
前年同期比については、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しています。

主要セグメントの増減理由

エキスパートサービス
前期に派遣スタッフの派遣先企業への直接雇用を進め、当期は稼働者数が前年を下回る状況からのスタート。各種施策により登録者数は維持。オペレーションの構造改革とデジタル化を推進。
BPOサービス
業務の効率化や人材に関わる管理コストの軽減、専門性を求めて業務をアウトソーシングするニーズが拡がる。ビーウィズ(株)は6月からAIを活用したオペレーターの応対評価の全件自動化を開始。
グローバルソーシング
派遣事業やBPO案件が伸長し増収。インドネシアのDGS※1やベトナムが引き続き好調。国内では外国籍人材定着支援サービスを開始し、6月に淡路ダナンセンターを開設するなど体制整備。
キャリアソリューション
人材紹介事業は経験豊富な専門人材が顧問として活躍する「顧問ネットワーク」が伸長。再就職支援事業は、足元受注は堅調だが、前期下期の受注が少なかったことから売上の伸びは抑制。
アウトソーシング
福利厚生事業、ヘルスケア事業、インセンティブ事業が順調に拡大。「福利厚生」「健康経営」「教育・研修」をワンストップで提供する新商品をリリース。

※1 PT. Dutagriya Sarana (デュータグリヤ サラナ)

News & Topics

HRソリューションの事業領域拡大
人生100年時代を見据え、多様な人材が活躍できる社会へ
『株式会社パソナ顧問ネットワーク』 10月1日事業開始 (2019年8月)

株式会社パソナグループは、多彩な経験やノウハウを持つプロフェッショナル人材やシニア人材等が柔軟な働き方によって活躍できる社会を目指し、(株)パソナの顧問コンサルティング事業部門を別会社化して、新会社『株式会社パソナ顧問ネットワーク』を設立し、10月1日(火)より同社の事業を開始いたしました。
様々な経験やノウハウを持つシニア、フリーランス、起業家などのプロフェッショナル人材とパソナ顧問ネットワークが顧問契約を締結(顧問登録)し、企業が抱える様々なニーズや課題解決に対して、
プロジェクト型による最適な人材を顧問登録者のなかから提案します。また、プロフェッショナル人材が「顧問」として活動し、 複数の企業やプロジェクトで能力を発揮することで、勤務形態や環境・時間に縛られない、柔軟な働き方を実現します。

更にパソナ顧問ネットワークは、既存の顧問コンサルティング事業を強化するとともに、企業の課題解決支援及び多様な働き方を実現するサービス提供することで、企業の発展および多様な人材が活躍できる社会を創造してまいります。

多様化する働き方の推進
パソナグループとベトナム ダナン市が連携
人材育成や産学連携を行う 『Awaji Da Nang Center』開設 (2019年6月)

株式会社パソナグループは4月、ベトナムのダナン市と「日系企業の企業進出支援、人材育成・就職支援、観光促進支援」に関する覚書(MOU : Memorandum of Understanding)を締結いたしました。
その取り組みの一環として、IT分野等における人材育成や産学連携を行う『Awaji Da Nang Center(淡路ダナンセンター)』をパソナグループ夢舞台オフィス2階(兵庫県淡路市夢舞台)に開設しました。
パソナグループは、2004年にIT分野に特化した総合人材サービス「Pasona Tech Vietnam Co., Ltd.」を開設し、ベトナムでグローバル人材の紹介および採用コンサルティングを行うことで、日系企業のベトナム進出を支援してまいりました。
そしてこの度、パソナグループが開設する『Awaji Da Nang Center』は、パソナグループのノウハウを活かし、IT分野等におけるベトナム人材の育成を行うほか、ダナン市と連携した事業創造に向けたサテライト拠点として運営いたします。同拠点は、国内外の教育機関や民間企業、外国籍人材が国境を越えて連携する機会を創出し、グローバルな産学連携の構築を目指します。
また、パソナグループが2017年より運営している世界から優秀な若者や社会起業家が集い、新たな産業の創造や地方創生の実現を目指すプログラム「Awaji Youth Federation」の参加者(フェロー)と連携することで、多国籍な視点から淡路島とダナン市の地域課題解決を目指してまいります。
パソナグループは本取り組みを通じて、日本とベトナムの交流促進ならびに地域経済の発展に貢献してまいります。

持続可能な地方創生の実現
丹後王国 地元農業法人等と連携し、京野菜や果物等の販促を支援
「丹後地域農水産物特産品の販売促進等に関する連携協定」を締結 (2019年7月)

西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」を運営する株式会社丹後王国は、京都産の野菜等の生産から販売までを手掛ける株式会社ブレンドファーム等と協業し、「丹後地域農水産物特産品の販売促進等に関する連携協定」を締結いたしました。
丹後王国はブレンドファーム等と協業し、ブレンドファームが生産した京野菜や果物と丹後王国が製造する自家製ソーセージなどの自社製品を、相互に営業してまいります。また提供先には、丹後王国が小口配送することで、ブレンドファームの配送にかかる負担を軽減してまいります。
丹後王国は、本取り組みを通じて、地元で採れた農産物や加工品などの販路を開拓し、「地域商社」として、国内外で丹後地域の様々な魅力を発信するととともに、丹後地域の産業の活性化を目指してまいります。

持続可能な地方創生の実現
"ハローキティのショーと食事が楽しめる" 新感覚シアターレストラン
『HELLO KITTY SHOW BOX』をオープン (2019年8月)

株式会社パソナグループは、株式会社サンリオのキャラクター「ハローキティ」をテーマにした驚きと感動に溢れるシアターレストラン『HELLO KITTY SHOW BOX(ハローキティショーボックス)』を8月12日(月)にオープンいたしました。
本レストランでは、ハローキティの夢を“3Dホログラム"などのメディアアートによって演出するギャラリーや、歌・ダンス・演奏によるショーが楽しめるほか、植物性食品を使用した“美味しいヴィーガン料理"や“体に優しい夢のスイーツビュッフェ"など健康や環境に配慮した料理を提供いたします。また、地上からでは見えないハローキティが田畑の中に現れるなど、お客様に驚きと感動を与える様々なコンテンツを提供します。

© 1976, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G603414

ページトップへ