本文へスキップします。

News&Topics

ライフ・ヘルスケア

2019.10.18

コンタクトセンターのビーウィズ 
esportsプレイヤーの競技と仕事の両立を支援、全国で20名採用 
独自教育カリキュラムでコーチ育成、プレイヤーとコーチのマッチングサイト年内開設

パソナグループのビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:秦康雄)は、esports(エレクトロニック・スポーツ)プレイヤーが競技と仕事を両立しながら働くことのできる『esports   選手養成プログラム』を10月から開始し、今後20名を「ビーウィズ認定esports選手」として採用してまいります。
また、広くesportsプレイヤーがゲームコーチとして活躍できるよう、コーチを育成する独自の教育カリキュラムを開発し、esportsのプレイヤーとコーチをマッチングするサイト『JOZ(ジョーズ)』を2019年内に開設します。『JOZ』開設に先駆け、コーチの募集を10月18日(金)から開始します。

パソナグループはこれまで、仕事と音楽活動の両立を支援する「パソナミュージック社員」や、仕事とスポーツ競技の両立を支援する「パソナスポーツメイト」など、音楽活動やスポーツ競技を続けながら働くことのできる仕組みづくりに取り組んでまいりました。
現在、プロを目指すesportsプレイヤーが増加する一方で、ゲームだけで生計を立てていくことは難しく、競技生活を終えた後のキャリア構築も課題になりつつあります。
ビーウィズは、2000年の創業時よりゲーム会社からコンタクトセンターの業務委託を受けており、2018年にはゲーム業界に特化した「ゲームサポート専門組織」を発足、ゲーム業界・知識に精通したオペレーターが高品質なサービスを提供しています。ビーウィズ認定esports選手は、ゲーム会社のコンタクトセンターのオペレーターとして活躍しながら、入電が少ない時間にゲームのコーチングや自身のゲームスキル向上のための練習を実施するなど、働きながらゲームのスキルを向上させることができます。
ビーウィズは本取り組みを通してesportsプレイヤーの長期的なキャリア構築を支援してまいります。

『esports選手養成プログラム』概要

目的 ビーウィズのコンタクトセンターで、ゲーム会社のオペレーターとして働きながら、ゲームのコーチングやゲームスキル向上に取り組むことができる環境を提供することで、esportsプレイヤーの長期的なキャリア構築を支援する
業務内容 ゲーム会社のコンタクトセンターのオペレーター業務
就業場所
ビーウィズのコンタクトセンター(大阪より開始)
応募先
ビーウィズ JOZ事務局 
E-mail  JOZ-support@bewith.net

『JOZ(ジョーズ)』概要

開設 2019年内
目的 esportsプレイヤーが最適なコーチから安心してゲームを教わることのできる環境と、
ゲームを教えることを通してコーチが収入を確保できる環境を提供する
対象 esports大会に新たにチャレンジするプレイヤー、ゲームを教えるesportsコーチ
内容 esportsのプレイヤーとコーチをマッチングするサイト
利用方法 【コーチ】
①JOZに登録 
②e-learningで独自の教育カリキュラムを受講
③カリキュラム終了後、認定テストを受験し、合格者は「JOZ認定コーチ」として活躍
【プレイヤー】
①JOZに登録
②複数いるコーチから、自分に合うコーチを選択
③コーチの時間を購入(1時間~)、クレジットカード等で決済
④コーチと連携し、オンラインでコーチングを受講
コーチの募集方法 「JOZ」開設に先駆け、「JOZ」に登録するコーチやプロゲーマーの方を募集します。
以下Emailからご応募ください    E-mail  JOZ-support@bewith.net
 備考 コーチ希望者には、ビーウィズがこれまでのコンタクトセンター運営で培ってきた人材育成ノウハウを活かし、コミュニケーションやコーチングのスキルをe-learningで習得できる独自の教育カリキュラムを開発、「JOZ認定コーチ」として育成する認定制度を創設
報道関係の方からのお問い合わせ

株式会社パソナグループ 広報部
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

ページトップへ