本文へスキップします。

東京2020参画プログラム


堤智恵子&中島明子
『大人の音色!ジャズサックス ランチコンサート』を開催

2020.01.23
文化

  堤智恵子&中島明子 『大人の音色!ジャズサックス ランチコンサート』を開催

パソナグループは、上質な音楽を身近により多くの方々に楽しんでいただくために、毎月様々なランチコンサートを開催しています。今年初めてのランチコンサートは、ジャズサックスとピアノのデュオ。1曲目の「ノクターン第2番/ショパン」では、聞きなれた名曲をジャズ調にアレンジ。日当たりの良いエントランスに、サックスの伸びやかな音色が響き渡ります。一つひとつの音が丁寧に、かつダイナミックに奏でられ、曲中にも何度も拍手が沸き起こりました。
「私はピアノ」の演奏前には、ユーモアたっぷりに「私はサックスですけども」と話す堤さん。会場は度々笑いに包まれました。演奏が始まると雰囲気は一変。大人の魅力溢れる音色で、観客を魅了します。最後の曲「リベルタンゴ」が終わった後には、大きな拍手と声援が鳴りやまず、そのままアンコールへ。アンコールではルパン三世のテーマを披露しました。
ランチタイムのあっという間のコンサートでしたが、ジャズサックスとピアノのお洒落でワクワクするようなパフォーマンスを、社員やスタッフの方々、近隣の方々に、お楽しみいただきたくことができました。


堤 智恵子 Chieko Tsutsumi (サックス)

ジャズ・サックス奏者。幼少の頃からピアノ・エレクトーンを、中学生時代から吹奏楽を始め、埼玉県立伊奈学園総合高等学校でも吹奏楽部でアルトサックスを担当する。中村均一氏に師事。東京音楽大学(サックス科)で石渡悠史氏に師事。大学4年より土岐英史に師事しジャズの奏法、理論などを学ぶ。藤陵雅裕氏、佐藤達哉氏にも師事。多くのベテランプレーヤーとのセッションで一定の評価を得た後、 1994年、今田勝(ピアノ)率いる“今田勝&NOWIN”に抜擢され、プロ活動を開始する。現在まで9枚リーダーアルバムを出している。昨年、弘兼憲史氏にジャケットのイラストを描いていただき「The Gift」を出したばかりである。

中島明子 Akiko Nakajima (ピアノ)
3歳よりクラシックピアノを習う。その後の音楽性に多大な影響を与える。中学一年の時には山梨県小中学校作曲コンクールで最優秀賞を受賞するなど、幼い頃より音楽の才能を発揮。大学卒業後そのままピアニストとしての活動を開始。当初はピアノのみの活動であったが、弾き語りを始めたところ好評を博し、ピアノ・歌という現在のスタイルを確立する。2004年にはソロアルバム『音の葉』をキャスネットよりリリース。2015年8月に新たなメンバーでのトリオeidosでIKKI MUSICより全てオリジナル曲、インストゥルメンタルのみのアルバム『hyle』(ヒューレー)を発売。作編曲にもその才能を発揮しており、中央アート出版社よりジャズ弾き語り、ジャズボーカルのCD付教則本を10冊発売。

<日時>
2020年1月23日(木)12:00~12:45
<場所>
パソナグループ JOB HUB SQUARE 1階カフェスペース
東京都千代田区大手町2-6-2

一覧に戻る

  • 東京2020オリンピックまであと
    DAYS
    to the Olympic Games Tokyo 2020

  • 東京2020パラリンピックまであと
    DAYS
    to the Tokyo 2020 Paralympic Games

© 2020 Pasona Group, Inc.