本文へスキップします。

News&Topics

HR・就労支援

2019.10.28

パソナ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
大会スタッフ(職員)2,000名以上を派遣社員として募集!

東京2020オフィシャルサポーター(人材サービス)である株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と連携し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の運営を担う「大会スタッフ(職員)」を2,000名以上、パソナのエキスパートスタッフ(派遣社員)として募集いたします。

の度、募集する「大会スタッフ(職員)」は、パソナから東京2020組織委員会へ派遣され、競技が行われる会場や選手の生活ベースとなる選手村、その他大会関連施設等で、観客サービスや競技運営のサポート、メディアのサポート等、大会運営を支援する業務を担います。

「大会スタッフ(職員)」としての就業経験を、今後のキャリアに活かしていただくことはもとより、選手やフィールドキャスト(大会ボランティア)、関連自治体、パートナー企業、メディアなど、多様なステークホルダーと共に大会を創り上げることを通じて、日本の未来に向けたレガシーとすることを目指しています。

パソナ 東京2020大会「大会スタッフ(職員)」募集概要

受付開始 2019年10月28日(月)※2020年1月までエントリー受付予定
応募方法 募集情報およびエントリー受付方法は、下記特設サイトにてご案内
※エントリーに際しては、パソナへのご登録が必要
就業期間 2020年2月~順次就業開始、最長2020年9月まで(予定)
※勤務開始される方が最も多い時期は2020年6月頃が想定されます
募集職種 競技会場運営、選手村運営、トランスポート、国際コミュニケーション、メディカル、IT・テクノロジー、会場・施設管理、バックオフィス
雇用形態
派遣社員
特設サイト https://job.pasona2020.jp/apply/

(参考)パソナグループ『東京2020オフィシャルサポーター』としての取組み

パソナグループは「人材サービス」カテゴリーにおける『東京2020オフィシャルサポーター』として、誰もが自らの目標に向かって自己研鑽に励み、チャレンジできるようサポートしています。

◆東京2020組織委員会 ネクストキャリア支援プログラム(2019年5月~)

東京2020組織委員会で働く職員の大会閉幕後のキャリアを支援するプログラムをサポート。大会の成功に向けて自己ベストを発揮することで獲得した新たな知見や経験を、ご自身のその後のキャリアに活かせるようお手伝いしています。

◆アート村作品展 ~Pure Passion Power~(2019年5月)

大会に関わるボランティアのオリエンテーションが開催される、東京スポーツスクエア エントランスホールを約30点の作品で彩りました。パソナグループの障害のあるアーティスト社員が、スポーツをテーマに描いた力強く躍動感あふれる絵画は、東京2020大会をアートを通じてサポートしています。

◆東京2020大会1年前イベント(2019年7月)

大会1年前を記念したイベントを開催。社員やエキスパートスタッフ(派遣登録社員)などが参加し、大会ボランティアを担う社員50名の発表や、綱引き大会、体力測定などを実施。東京、大阪、名古屋で500名が参加しました。


▲東京スポーツスクエア エントランスホールでのアート村作品展の様子



◆東京2020参画プログラム

全国のあらゆる方々と共に、スポーツだけではく幅広い分野の事業・イベントを通じて、東京2020大会の盛り上げに向けたオリンピックとパラリンピックの機運醸成と、大会後のレガシー創出に向けて取り組む東京2020参画プログラムを、スポンサー企業で最多となる約600回開催(2019年9月時点)。8つの全てのテーマで認証を受けた活動を実施しています。

 
 
 
 
 
 

(参考)パソナグループのアスリート社員

◆ 寺田明日香(てらだあすか)

女子100mハードル日本記録保持者(12秒97)
競技・子育て・仕事を両立する「ママ・アスリート」



 小学校4年生から陸上競技を始め、小学校5年時・6年時ともに全国小学生陸上100mで2位。2005~2007年(高1~3年時)には全国高校総体(インターハイ)女子100mハードルで3連覇を達成。高校卒業後の2008年、初めて出場した日本陸上競技選手権女子100mハードルで優勝し、その後3連覇。2009年には世界陸上ベルリン大会に出場、アジア選手権では銀メダルを獲得。2010年にはアジア大会で5位に入賞した。
相次ぐケガで2013年に現役を引退。結婚・出産を経て、女性アスリートの先駆者となるべく「ママ・アスリート」として、2016年夏に7人制ラグビーに競技転向する形で現役復帰。2017年1月からは日本代表練習生として活動した。2018年12月にラグビー選手としての引退と陸上競技への復帰を表明。
2019年6月の日本選手権では女子100mハードルで2010年以来の表彰台となる3位入賞。9月1日には19年ぶりに日本記録を更新する12秒97をマーク。東京2020オリンピック大会出場を目指している。

◆ 草野歩(くさのあゆみ)

JVAビーチバレーボール・オフィシャルポイントランキング 5位(2019年10月14日時点)



 高校時代に全国大会(春の高校バレー)に出場し3位となり、日本代表として世界大会に参戦。大学卒業と同時にビーチバレーボールへ転向。これまで数々の国内大会で優勝を収める。2019年は「第33回 ビーチバレージャパン」(8月)にて優勝、「第30回全日本ビーチバレー女子選手権大会」(8月)で準優勝。JVAビーチバレーボール強化指定選手、JOC強化指定選手となる。東京2020オリンピック大会出場に向け、競技力向上を目的に、2016年日本体育大学大学院に進学。競技と学業の両立を目指す「デュアルキャリア」を実践するアスリートアスリートのロールモデルを目指すと共に、ビーチバレーボールの魅力の発信を目指している。


報道関係の方からのお問い合わせ

株式会社パソナグループ 広報部
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

 

ページトップへ