本文へスキップします。

News&Topics

HR・就労支援

2019.07.24

『横浜アクセラレーションプログラム』支援企業8社が決定!
~ 経験豊富なプロ人材がベンチャー企業を伴走支援 ~

パソナグループの株式会社DFマネジメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 鈴木 雅子)は、神奈川県横浜市より受託した「横浜アクセラレーションプログラム」にて4月より支援企業を募集開始し、同プログラムの支援企業8社が決定いたしました。

「横浜アクセラレーションプログラム」は、「横浜市において起業してスタートアップの時期を乗り越え、事業をさらに成長・発展させていく意欲と、独創的・革新的なビジネスモデルを有するベンチャー企業」または「社会的な課題解決に資する事業を展開するソーシャルビジネス企業」を対象にしたプログラムです。主に営業や経営の分野で豊富な経験を有するプロ人材が、約6カ月にわたり対象企業の現場において「伴走支援」を実施し、事業の成長を後押しします。
ベンチャー・中小企業向けの経営支援や人材紹介サービスを手がけるDFマネジメントは、当プログラムを通じて、ベンチャー企業と経験豊富な企業OBを結びつけ、横浜市の地域経済の発展に貢献してまいります。

支援対象企業と伴走支援者

今後のスケジュール

キックオフミーティング 
 2019年7月31日(水)
支援期間
 2019年8月~2020年2月(約6カ月)
プレゼンテーション・デイ 
 2020年2月(支援企業による成果プレゼンテーション。開催が近くなりましたら、改めてご案内いたします)

「キックオフミーティング」概要

日時:2019年7月31日(水)14:00~16:00
会場:情報文化センター(所在地:横浜市中区日本大通11)
内容:支援企業による事業プレゼンテーションと支援人材の紹介
対象:支援対象企業8社と、その支援人材、横浜市経済局

※取材にお越しの際は、事前に次の事務局までご連絡ください。
横浜アクセラレーションプログラム事務局(事業受託者:株式会社DFマネジメント)
電話番号 03-6865-7860  メール yokohama-venture@directforce.org

参考 「横浜アクセラレーションプログラム」概要

内容
成長意欲と独自のビジネスモデルを有する市内ベンチャー企業またはソーシャルビジネスを展開する企業を対象に、経験豊富な支援人材が8月から約6ヶ月・20回にわたり「伴走支援」を行い成長を支援する
支援対象
起業して概ね10年以内の市内ベンチャー企業等、8社
特徴
・約600名の経験豊富な企業OB人材から最適な支援人材を選定
・支援対象企業は無料で参加可能
報道関係の方からのお問い合わせ

株式会社パソナグループ 広報部
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

ページトップへ