本文へスキップします。

News&Topics

地域活性・農業

2019.07.08

丸森町の地域商社GM7「生タピオカ専門店」で交流人口拡大を目指す
『どっと堂(dot do)』7月27日(土)オープン
7月26日(金)16時~ 内覧会開催

パソナグループの株式会社VISIT東北の子会社で、宮城県丸森町の地域商社である株式会社GM7(本社:宮城県丸森町、代表取締役 齊藤良太)は、丸森町の地産の素材を使った生タピオカ専門店『どっと堂(dot do)』を、7月27日(土)に宮城県丸森町(丸森本店)と、岩手県一関市(一ノ関店)に、2店舗同時にオープンいたします。オープンに先立ち、地域住民の皆様と報道関係者の方々向けの 内覧会を7月26日(金)に宮城県丸森町で実施いたします。

 

昨今、首都圏・関西圏で人気が高まっているタピオカドリンクは、人通りが多い都市部での出店が多く、都市部以外の地域への展開は少ない状況です。GM7はこの度、消滅可能性都市※の一つである丸森町に生タピオカ専門店『どっと堂(dot do)』を開店することで、丸森町の地域活性・交流人口の拡大に寄与してまいります。また、丸森本店のオープンと同時に、パソナグループの株式会社イーハトーブ東北(本社:岩手県一関市、代表取締役 松本 数馬)が運営する『栗駒茶屋』内に『どっと堂』一ノ関店をオープンします。

『どっと堂』で提供する「生タピオカ」は、台湾から直輸入した上質なタピオカ粉に、丸森町産の安心安全な米粉を加え、毎日店内で手づくりするため、できたてで新鮮なモチモチ食感を楽しむことができます。丸森本店では、地元の「丸森・角田牛乳」と本場中国の鉄観音茶を使ったミルクティーをはじめ、丸森町で生産された「桑の葉」や「イチゴ・ブルーベリー」、「はちみつ」を使った黒糖ソースなど、厳選された地域素材を使ったメニューを提供します。一ノ関店でも、丸森本店と同様に一関市や岩手県南の地域産品を使ったメニューを提供いたします。
また、GM7はタピオカ粉の原料である「キャッサバ」の定植を今年6月から丸森町で開始し、来年度以降は自社で生産したタピオカ粉も練りこんだ「生タピオカ」を製造することで、丸森町の農業振興にも貢献してまいります。

※消滅可能性都市 …日本創成会議が2014年5月に打ち出した「少子化や人口移動などが原因で将来消滅する可能性がある自治体」のこと

『どっと堂 (dot do)』概要 

丸森町や地域の地産地消にこだわった手作り「生タピオカ」の専門店。本場台湾や中国から取り寄せた上質なタピオカ粉や鉄観音茶と、地域の厳選素材を組み合わせたドリンクを提供します。屋号のどっと堂は、タピオカの「粒」と本店丸森町の「丸」を「ドット(.)」になぞらえて、命名しました。

<内覧会>
日時 2019年7月26日(金)16:00~18:00
場所 『どっと堂』丸森本店(宮城県伊具郡丸森町町西22-2)
対象
地域住民の皆様、報道関係者の皆様
内容
提供メニューの試食会 等
<丸森本店 概要>
開業 2019年7月27日(土)
所在地 宮城県伊具郡丸森町町西22-2
営業時間
火~金/11:00~17:00、土日/10:00~18:00
定休日
月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
提供メニュー ベースとなる牛乳は全て地元「角田・丸森産牛乳」を使用 ※以下全て650円(税込)
・生タピオカ入り 本格「鉄観音茶」黒糖蜂蜜ソース 
(丸森町特産のはちみつと国産黒糖をたっぷり使用したソース)
・生タピオカ入り丸森町産桑の葉茶タピオカミルクティ
(丸森町特産の桑の葉を使用した抹茶のような味わいのソース)
・生タピオカ入りベリーベリータピオカミルクティ
(丸森町産の旬のイチゴやブルーベリー等をふんだんに使ったフレッシュソース)


丸森はちみつ黒糖


丸森桑の葉テイスト


丸森ベリーベリー
延床面積 約3㎡
お問合せ どっと堂 丸森本店
電話番号0224-72-1785 (株式会社GM7直営店舗)


<一ノ関店 概要>
開業 2019年7月27日(土)
所在地 岩手県一関市厳美町字若井原162-3
営業時間
10:00~16:00
定休日
不定休(11月下旬~4月は冬季休業)
提供メニュ― ベースとなる牛乳は全て岩手県産牛乳を使用
・生タピオカ入り 本格「鉄観音茶」黒糖蜂蜜ソース 650円(税込)
(岩手県産のはちみつと国産黒糖をたっぷり使用したソース)
お問合せ 栗駒茶屋 電話番号0191-39-2855 (受付時間10:00~18:00)
運営会社 株式会社イーハトーブ東北
報道関係の方からのお問い合わせ

株式会社パソナグループ 広報部
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

ページトップへ