本文へスキップします。

News&Topics

地域活性・農業

2018.10.26

イーハトーブ東北 県境を越えたDMO連携による交流人口拡大
「全国ご当地もちサミット2018in一関」にて連携施策実施
~ 「気仙沼クルーカード」会員向けに、ポイントを付与 ~

東北地方で観光事業を展開する株式会社イーハトーブ東北(本社:岩手県一関市、代表取締役 松本数馬)が、県内外企業と共に設立した『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』は、一般社団法人気仙沼地域戦略(理事長 菅原昭彦)と連携し、県境を越えた地域DMO連携施策を実施します。連携の第一弾として、「全国ご当地もちサミット2018in一関」開催時に、「気仙沼クルーカード」会員向けにポイントを付与し、地域間の交流人口拡大を目指します。

一関市と気仙沼市は友好都市として交流を続けている一方、県の行政区が異なるため、一体的な施策を行うことが困難なケースがありました。
そこでこの度、10月27日(土)、28日(日)に行われる「全国ご当地もちサミット2018in一関」において、気仙沼DMOが実施する会員制度「気仙沼クルーカード」の会員およそ15,000名に対しイベント告知を行うと共に、クルーカード会員の先着100名に200ポイントを付与します。両DMOが地域や県境を越えた交流人口の拡大を図ることで、相互の地域における魅力を発信いたします。

イーハトーブ東北は今後も、東北の観光振興と地域産業の更なる活性化に取り組んでまいります。

「全国ご当地もちサミット2018in一関」概要

日時
10月27日(土)10:00~16:00
10月28日(日)10:00~15:30
場所
一関文化センタ前広場(岩手県一関市大手町2-16)
内容
  1. 26店舗が出店し、もちのオリジナル商品を400円で提供
  2. もち商品を購入した方には「もちふだ」を配布し、気に入ったもち商品に投票。
    得票数でグランプリを決定する。
連携施策  気仙沼DMOのブースを設置し、気仙沼クルーカード所有者先着100名に200ポイント付与。
※10月27日のみ実施 
URL  http://mochi-summit.jp/ 

『一般社団法人 世界遺産平泉・一関DMO』概要

発足
2018年4月1日
所在地
本社(一BA): 岩手県一関市上大槻街1-5
オフィス(一BA2): 岩手県一関市大町4-29 なのはなプラザ2階
代表理事  松本数馬(株式会社イーハトーブ東北 代表取締役) 
社員数  12名(専従職員4名) 
事業内容  1)マーケティング、データ管理
2)人材育成、受入体制整備
3) 情報発信
4) 自主事業(閑散期対策、二次交通対策) 

『一般社団法人 気仙沼地域戦略』概要

発足
2017年3月31日
所在地
宮城県気仙沼市
理事長
菅原昭彦
社員数  14名(専従職員5名)
事業内容  1)マーケティング、データ管理
2)人材育成、受入体制整備
3) 情報発信
気仙沼クルーカード  https://crewship.net/ 
報道関係の方からのお問い合わせ

株式会社パソナグループ 広報部
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ