Skip to main content

働き方が変わる、日本が変わる~ハイブリットな働き方・企業のあり方から生まれるイノベーション~

12月18日(金) 14:30~16:30

概要

「ハイブリッドワークライフ」とは、場所と時間、職種を超えた新しい働き方・生き方のことです。
パソナグループでは、都市部と地方のデュアルライフ、育児・介護や芸術・スポーツ活動と仕事の両立、半農半Xの働き方など、これまで両立させることが難しかった異なる要素を組み合わせることで、一人ひとりが多様な価値観に基づき、自由に人生をデザインするための新しい働き方・生き方を推進しております。

本シンポジウムでは、『働き方が変わる、日本が変わる ~ハイブリッドな働き方・企業のあり方から生まれるイノベーション~』をテーマに、リレー講演を行います。

<Time Schedule>
14:30~14:35 趣旨・登壇者ご紹介
14:35~15:15 講演:山田 啓二 氏
15:15~16:00 講演:藻谷 浩介 氏
16:00~16:20 講演:竹中平蔵 パソナグループ会長
16:20~16:30 ご挨拶:南部靖之 パソナグループ代表

登壇者

山田 啓二 氏

京都産業大学 教授 学長特別補佐
前・京都府知事
前・全国知事会長

兵庫県洲本市生まれ。東京大学法学部卒業後、1977年 自治省(現総務省)に入省。
和歌山県地方課長、国際観光振興会サンフランシスコ観光宣伝事務所次長、高知県財政課長、行政局行政課理事官、法制局参事官、京都府総務部長等を歴任。
京都府副知事を経て、京都府知事を4期、全国知事会会長を4期務める。

藻谷 浩介 氏

日本総合研究所 調査部 主席研究員

平成合併前の全3,200市町村、海外114ヶ国を自費で訪問し、地域特性を多面的に把握。地域振興、人口成熟問題、観光振興などに関し研究・著作・講演を行う。2012年より現職。著書にデフレの正体、里山資本主義(KADOKAWA)、完本・しなやかな日本列島のつくりかた(新潮社)など。近著共著に進化する里山資本主義(Japan Times)、東京脱出論(ブックマン社)。

竹中 平蔵

株式会社パソナグループ 取締役会長

南部 靖之

株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表

 

中村 稔

モデレーター
株式会社パソナグループ 顧問
ハイブリッドワークライフ協会事務局長
元・兵庫県産業労働部長

お申込み締切日を過ぎたため、予約受付を終了いたしました。

ページトップへ