本文へスキップします。

News&Topics

経営

2016.11.21

シェアリングエコノミーを活用した地域の課題解決・産業振興を目指す
パソナとシェアリングエコノミー協会
『地方創生実現に向けた包括的連携協定』締結

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)と一般社団法人シェアリングエコノミー協会(本社:東京都品川区、代表理事:上田祐司/重松大輔)は、シェアリングエコノミーを活用した地域の課題解決・産業振興を目指す『地方創生実現に向けた包括的連携協定』を本日11月21日(月)に締結いたしました。

当包括協定を通じて、パソナとシェアリングエコノミー協会は、地域に眠っている様々な遊休資産(空間、乗り物、モノ、人のスキル等)をシェアリングエコノミーを活用して提供していくことで、地域課題を解決しながら、地域に新たな雇用と経済効果を創出してまいります。シェアリングエコノミーにより、地域のユニークスペースやシャッター商店街等を新たな観光資源として、これまでの観光サービスとは違った新しい体験を提供したり、アクティブシニアを新たな人的資源として子育て、家事代行、観光ガイドサービス等を提供するなど、地域の人と資産を活かした新しい産業振興、雇用創出に取り組んでまいります。

シェアリングエコノミー協会は、パソナと連携することで加盟企業の営業支援を行うと共に、日本におけるシェアリングエコノミーサービスの普及・促進に取り組んでまいります。
パソナは、これまで事業で培ってきた全国自治体等との繋がりを活かし、シェアリングエコノミー協会の加盟企業が提供するシェアリングエコノミーサービスを活用した、地域の課題解決・産業振興を提案してまいります。地域におけるシェアリングエコノミーサービスの担い手育成や地域資源の発掘、新たなシェアリングエコノミーサービス起業家の育成・事業化支援などに取り組んでまいります。

『地方創生実現に向けた包括的連携協定』概要

締結日 2016年11月21日(月)
目的 地域に眠っている様々な遊休資産(空間、乗り物、モノ、人のスキル等)をシェアリングエコノミーを活用して提供していくことで、地域課題を解決しながら、地域に新たな雇用と経済効果を創出する
内容
  • シェアリングエコノミーサービスの普及・促進
  • シェアリングエコノミーとして利活用できる遊休資産の洗い出し
  • シェアリングエコノミーサービスの起業家/担い手の育成
  • 地域のシェアリングサービス資産の保有者とシェアリングサービス起業家/担い手とのマッチング
  • シェアリングエコノミーに関連した事業の立ち上げ支援
  • シェアリングエコノミー利用促進に向けたセミナー・研修の開催
お問合せ 株式会社パソナ 営業総本部
電話番号 03-6734-1005

一般社団法人シェアリングエコノミー協会
メール info@sharing-economy.jp

会社概要

会社名 株式会社パソナ
所在地 東京都千代田区大手町2-6-4
創業  1976年2月16日 
資本金  30億円 
代表
代表取締役会長CEO 南部靖之 
代表取締役社長COO 佐藤司
事業内容 HRソリューション、ライフソリューション、パブリックソリューション 等 
URL  www.pasona.co.jp 

協会概要

名称 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
所在地 東京都品川区西五反田1-21-8(株式会社ガイアックス内)
設立 2016年1月15日
理事  代表理事 上田祐司(株式会社ガイアックス) 
代表理事 重松大輔(株式会社スペースマーケット)
協会会員  125企業・団体(2016年11月21日現在) 
URL  sharing-economy.jp

※本リリースは、株式会社パソナと一般社団法人シェアリングエコノミー協会の共同リリースです
報道関係の方からのお問い合わせ
株式会社パソナグループ 広報室
電話番号 03-6734-0215
WEBから問合せる

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ
  • 南部靖之オフィシャルウェブサイト
  • パソナグループビル