本文へスキップします。

サンキューファンド

社員のデザインに より誕生した
サンキューファンドのシンボルマーク

日頃お世話になっているすべての人々に「心からの感謝の気持ちを表す日」として毎年3月9日、6月9日、9月9日、12月9日を「サンキューデー」と設定しています。その活動から生まれたのが社会貢献福祉活動を行うための基金「サンキューファンド」です。
パソナグループ社員やスタッフの方々から、募金をはじめ使用済み切手や使用済みテレホンカード、外貨コインや書き損じハガキなどを回収、1年間分をまとめたものをその年度の「寄付金」として様々なボランティア団体に寄贈しています。
東日本大震災 被災者支援
東日本大震災の被災者支援活動を行っています

小さな思いやりが大きな力になる!

1年間に集まる使用済み切手はダンボール6箱分、重さにして約60kg、使用済みのテレカは1万6000枚に上ります。回収された切手やカードはボランティア団体に寄贈され、アジアの貧しい地域の医療支援や、盲導犬の育成などさまざまな活動に役立てられています。

これまでの寄贈先  1992年~

  • 国境なき医師団
  • 緑の東京募金
  • 2009年スペシャルオリンピックス冬季大会
  • 日本キリスト教 海外医療協力会
  • 誕生日ありがとう運動本部
  • 国際エンゼル協会
  • 緑の地球防衛基金
  • 日本フォスタープラン協会
  • 日本盲導犬協会
  • メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン
  • 国際アビリンピック etc……

『洋服を途上国へ送ろう!』プロジェクト

2003年からNGO団体を通じて、タンザニア、ギボンドなどの途上国に洋服を送るプロジェクトを開始。 社員が中心となって、全国から洋服の収集・仕分け・梱包を行い、サンキューファンドの基金から輸送費を寄贈しています。


毎年ダンボール箱30個以上の洋服が集まっています。

災害見舞金の寄贈

大地震などの災害発生時に、社員やスタッフの方々へ募金を呼びかけて災害見舞金を送っています。

  • 熊本地震 (2016年)
  • 東日本大震災 (2011年)
  • ハイチ大地震 (2010年)
  • ミャンマーサイクロン被災地 (2008年)
  • 中国四川省大地震 (2008年)
  • ジャワ島中部地震 (2006年)
  • 中越地震 (2004年)
  • スマトラ沖地震 (2004年)
  • 福岡西方沖地震 (2004年)
  • イラン南東部地震 (2003年)
  • インド西部大地震 (2001年)
  • 三宅島噴火 (2000年)
  • 台湾大地震 (2000年)
  • ロシアタンカー日本海重油流出事故 (1997年)
  • 阪神・淡路大震災 (1996年)
  • ロサンゼルス大地震(1994年)
  • 北海道西南沖地震(1993年) 他

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ
  • パソナグループビル