本文へスキップします。

パソナグループアントレシップ社員プログラムパソナグループアントレシップ社員プログラム

コース・業務内容

講義内容・講師

ベンチャーコース(定員:15名)

南部代表 ベンチャー塾
【講義概要】
パソナグループ創業者の南部靖之によるベンチャーマインドを学ぶ。
南部 靖之
講師名 南部 靖之
プロフィール 株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表

1952年1月5日生
兵庫県 神戸市 出身
1976年3月 関西大学工学部 卒業
1976年2月、「家庭の主婦の再就職を応援したい」という思いから、大学卒業の1ヶ月前に起業。人材派遣システムをスタート。以来“雇用創造”をミッションとし、新たな就労や雇用のあり方を社会に提案、そのための雇用インフラを構築し続けている。

南部靖之オフィシャルウェブサイト
講義メニューに戻る

食と農業コース(定員:15名) 

食と農業でのビジネス企画
【講義概要】
6次産業とは何?から実際に6次産業化が提案できるまで(生産、販売、加工)について学ぶ。さらに各自が好きな野菜を選び、六次産業化モデルにしたい野菜についてのプレゼンテーション。実際に制作まで行う。
講義メニューに戻る

地域活性プロデューサーコース(定員:15名)

ベンチャー新規事業創造フレーム
【講義概要】
社会から必要とされる事業を生み出すためのマインド、スキルを学びます。自分自身が本気で取り組みたい事業テーマを各自設定し、最初のビジネスアイディア段階から実現可能性の高いビジネスモデルを構築し、収支も見据えた事業計画書の作成を行います。GAPプログラムメンバー内でプレゼンテーションしあいながらお互いブラッシュアップしていきます。一人ひとりが自らの想いを事業プランとしてカタチにすることを目的としている授業です。
講義メニューに戻る

音楽・アニメコース(定員:15名)

マスタークラス(パソナチェンバーオーケストラAWAJI)音楽活動による地域活性
【講義概要】
マスタークラス (パソナチェンバーオーケストラAWAJI)
音楽の歴史から各音の意味、和音構成・理論、曲のフレーズ感等を体系的に学ぶ。
またオーケストラスタディを用い、講師の飯森範親氏自ら、細かな演奏指導を実施する。

音楽活動による地域活性
“指揮を演奏するだけでなく、山形交響楽団を広げていくための問題点を解決したい”
という想いのもと、地域密着型地域活性の大切さを講義。具体的には、山形県の魅力である食や文化と音楽をコラボさせ、「”食と温泉の国”のオーケストラ」で活動されている経験を幅広く学ぶ。
飯森範親
講師名 飯森範親(いいもり のりたか)氏
プロフィール 指揮者

1986年、桐朋学園大学指揮科卒業後、ベルリンへ留学。89年からバイエルン国立歌劇場でW.サヴァリッシュ氏のもと研鑚を積む。94年東京交響楽団の専属指揮者に就任し後、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者(~98年)に就任。04年シーズンより山形交響楽団の常任指揮者に着任し、07年より音楽監督に就任。08年にはアカデミー賞映画「おくりびと」にも出演。
現在、山形交響楽団音楽監督、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。2014年4月より日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任することが決まっている

飯森範親オフィシャルサイト
講義メニューに戻る

ビジネス基礎研修<共通科目>

ホスピタリティ~伝える喜び、伝わる喜び~
【講義概要】
詩の朗読を通して感受性を養い、自身の人格の向上へと繋げる。
感情を乗せて朗読を行うことで他人へと言葉を伝える能力を養い、また伝えるという行為自体を好きになる。
田村ひろ子
講師名 田村ひろ子(たむら ひろこ)氏
プロフィール 京都女子大学在学中より、ラジオ、テレビ、舞台、映画などに数多く出演。卒業後、テレビ司会、DJ、コメンテーター、 映画出演、朗読、ナレーションなど多方面で活動。多数のイベント・展示会の企画・プロデューサーを経て、現在フリーアナウンサー・トークプランナーとし て、講演、各種企業研修講師も積極的に展開。セミナーやワークショップなどのプロデュースも手がける。一方、タレントスクール、アナウンススクール、司会 者養成講座講師として後輩も指導。また平成5年「時実新子」を師として川柳入門、「川柳大学会員」となる。『あーもんど川柳』選者、「川柳・・・私さが し」講師などを担当、川柳作家としての活動も続けている。