本文へスキップします。

コーポレートガバナンス

パソナグループでは、コーポレートガバナンスの強化を推進し、遵法精神と高い倫理観に基づいたマネジメントを常に意識し実行しています。また業界のリーディングカンパニーとして、コンプライアンスの重視、情報管理体制の構築などに積極的に取り組み、業界全体の社会的信用を高める努力を行っています。

具体的な内部管理体制やリスク管理体制として、社外取締役、社外監査役をおき、また、監督と執行の分離を進める体制として執行役員制度を導入しています。
監査機能としては、「監査役監査」・「内部監査室」、ならびに「コンプライアンス委員会」を設置しています。パソナグループ全体のコンプライアンス体制構築の一環として、パソナグループ社員を対象とする内部通報窓口「パソナ・コンプライアンス・ホットライン」を設置し、運用しています。

パソナグループのCSRに対する企業姿勢を明確化するためには、「社会貢献室」を、さらに各地域の社員で構成される「社会貢献委員会」を設置し、地域に根ざした環境保全活動を含む社会貢献・社会福祉活動を積極的に推進しています。

地球環境保全に対する取り組みの強化に向けては、「環境委員会」を設置、グループ全社で「地球環境保全アクションプラン」を策定し、社会貢献委員会と協同して社員一丸となって環境問題に取り組んでいます。

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ