本文へスキップします。

女性

1976年

テンポラリーセンター設立

人材派遣事業を開始
育児を終えてもう一度働きたいと願う家庭の主婦に、OL時代の能力や技術を活かすことのできる適切な仕事の場をつくりたい----創業者 南部靖之の想いから人材派遣事業を開始。
当時の派遣スタッフの時給は、正社員の年収を1年間の労働時間で割った値から算出。1日4時間でも、週3日働いても時間当たりの給与は正社員と変わらない、「同一価値労働、同一賃金」を目指した。
1983年

「ワープロ完全在宅勤務制度」開始

1987年

ジョブシェアリング、タイムシェアリングで主婦の雇用機会を拡大
「ワークシェアリング」導入

1988年

「ワープロオリンピック」、「WORKING EXPO」開催

女性の活躍を支援するさまざまな仕組みを提案
働ける時間や環境に制限のある主婦のために、「在宅勤務」や「サテライトオフィス」、「ワークシェアリング」などの新しい働き方を提案。また主婦の社会進出とOA普及促進を目的にイベントやセミナーを大々的に開催。

女性の能力・スキルを磨くイベントを大々的に開催
   
1983年 「<みて、ふれて、仕事をする>スリーステップOAショー」   女性のための仕事の博覧会「ワーキングEXPO '88」イベント大賞審査員特別賞受賞   正確に早く、美しくワープロ技術を競う
「'88 ワープロオリンピック」
1990年

再就職やキャリアアップを望む主婦や女性の能力開発を行う
「転職・再就職大学 (現パソナカレッジ)」開校

1991年

日本で初めての企業内保育所の運営・代行を行う
「チャイルドケアインターナショナル(現 パソナフォスター)」設立

働く女性のサポートインフラ構築
一人ひとりが心豊かに安心して仕事に就けるよう、仕事と育児の両立を支援する保育園の運営や、地域密着型の介護施設の運営、介護人材の派遣、家事代行サービスを提供。
2004年

「東京ビジネス留学制度」開始

キャリアアップを目指して東京で働きたいと願う人を対象に、地方から東京へ派遣の仕事で"留学"する制度を開始。
2010年

パソナテック 在宅ワークで仕事と育児の両立支援
「ひとり親の就労支援」開始

最新のIT環境を活用し、「松山市ひとり親家庭の在宅就業支援事業」開始。
在宅就業 (自営型) 支援事業のモデルとして評価され、2011年日本テレワーク協会「第11回テレワーク推進賞」奨励賞を受賞。
2013年

主婦の職場復帰をサポート
「中小企業新戦力発掘プロジェクト」開始

全国中小企業団体中央会より受託し、育児等で一度退職し再就職を希望する方を対象に、キャリアカウンセリングや職場実習を通じて就職をサポート。

日本初の女性向け社会人スクール
「Women's Career College」開校

女性の豊かなキャリア創りを支援する「Women's Career College」

女性の活躍推進を目指す企業に向けたコンサルティングサービス
「Women's Workstyle Service」開始

2014年

女性に特化した起業家育成プログラム
「Ladies Be Ambitious」開始

ページトップへ

パソナJOBサーチ パソナグループFacebook
  • JOB博
  • 家ゴトコンシェルジュ
  • パソナグループビル